スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHK金沢のごいた番組

前回紹介したNHK金沢の情報番組
「かがのとイブニング」でごいたの特集番組が放映された

番組のブログに内容が詳しく掲載されたのでご紹介。

「世界に広がる「ごいた」」

かがのとイブニング 石川グッドニュース

内容はざっとこんななんじ

ごいたのルール、歴史
地元の保存会の話
ごいた東京支部の活動
草場さんのインタビュー
秋葉原のゲーム会で楽しまれているごいたの模様
ピグフォンでのカードゲーム化の話
シンガポールとドイツでの海外展開の話

こんなかんじで、ごいたの今が10分の枠で網羅されています。
番組企画、制作、キャスターを務めた櫻本さんに拍手をお送りします。

ピグフォンが撮影協力したのは秋葉原のパート

いしかわグッドニュース ごいた特集1

番組製作の人に聞きましたが、「↑マイごいた」はかなり受けてたみたいです。

いしかわグッドニュース ごいた特集2
出展元:NHK金沢放送局

ごいたのような地方発の「深い文化」がどんどん広がっていくといいですね。

ごいた(将棋ごいた)は春に中国に進出しますよ。


スポンサーサイト

ごいたのTV番組でインタビューを受けました。

NHK金沢放送局でごいたのTV番組が放映されます 

かがのとイブニング 

夕方の情報番組かがのとイブニング
石川県で心がほっとするGOODなニュースをお届けするコーナー
『いしかわGOODニュース』で宇出津の「ごいた」を特集!だそうで
番組のレポーター櫻本さんから取材協力依頼をいただきました。 

いしかわGOODニュース 
右側が櫻本さん、元気いっぱいの方でした。

ごいたのカード版製作についての簡単なインタビューと都心のゲーム会での
プレイ風景を撮りたいとのこと。

因みに櫻本さんに「どうしてごいたの番組を?」と逆取材したところ、
もともと「ごいた」は知らなかったそうでネタ探しに「能登」でネット検索
する中で「ごいた」を知ったとのこと、灯台下暗しですな。

折角なので臨場感があったほうか面白いのではと思い
実際よく「ごいた」が遊ばれている秋葉原のオープンゲーム会
「水曜日の会」での撮影を段取りして撮影協力して来ました。

質問に上手く答えられたか分かりませんが、少しでも「ごいた」普及の
協力が出来たらと対応しました。生暖かい目で見てやって下さい。

それから撮影場所の提供をしていただいたイエローサブマリンRPGショップの
土屋店長、感謝いたします。

あと会の主催者タナカマ氏のごいたダジャレが炸裂したのだけれども、
オンエアされるのだろうか?
これはダジャレ好き必見!?

番組は他にも草場さんによる新宿柏木での「ごいた保存会東京支部」の取材や
能登の現地取材をしていると聞いており、どのような番組になっているか楽しみです。

ごいた番組撮影風景 

番組制作スタッフの皆様は石川から日帰りで東京取材されていて、頭が下がります。

番組名
『かがのとイブニング』
その中のコーナー
『いしかわGOODニュース』


放送日時は
1月24日(火曜日)18時30分前後の10分間 だそうです。
関東では見ることが出来ませんが、見られる人は是非チェックしてみて下さい。


花札納涼 八八の会

花札ブームってそろそろ来ても良いんじゃない?

花札のデザインってカッコいいなーと札を見とれてしまうのだ。
ポルトガルのトランプがルーツなれど日本のフィルターにかかるとこんなにも
素敵になるなんて!日本すごすぎ。 
花札は1月から12月までの12ヶ月を四季折々の植物や動物を札にあしらっており
たいへんスタイリッシュでジャパンな風情がある一品なのである。
し・か・も・遊べる!!

花札の遊び中でもポピュラーな三人ゲーム「花合わせ」や二人ゲーム「こいこい」は
知っていても、面白いのに知られていない代表格が6人で遊ぶ「八八」ではないだろうか?

でも、なかなか遊べる機会がなかったり、遊んだことがなかったりして
意外と楽しむチャンスにめぐり合わない不憫なヤツなのです。



八八を軽く紹介

「八八」は3人から7人までで遊ぶ花札のゲームで
1月から12月の12ヶ月を1ゲームとして遊びます。

まず手札を見て勝負に「出る」か下り賃を払って「下りる」かを

決める要素があり、最近はやりのポーカー「テキサスホールデム」
に似た面白さがあるように感じます。

ゲームに出ることになった3人のプレイヤーたちがアベレージの
八十八点を目指すゲームです。

また、ゲームに使う小物が大変かわいく、だるまさん、軍配、菓子札など
このゲームが作られた明治~大正時代の風情を感じながら楽しめるのも良いところ。

 八八の小道具
因みにダルマさんはマイナス五十貫を表していて「手も足も出ない」状態の駄洒落。
後頭部を叩くと目が飛び出るようになっており「いつか芽が出る」という落ちが付いている。

今回ツイッターのちょっとしたコメントから花札の会を開催することになり
花札一色の夏の一日を楽しませていただいた。
始めての方からベテランまで12名の参加者が集まり、楽しく深い会は始まった;
八八の会
イベント開催には↑のツイプラが便利だった。ツイッター利用者にお勧め。


今回の開催場所は大崎ゲートシティー内のスターバックスカフェ「コーヒーセミナールーム」を
貸切、花札の会としてはなかなか面白い場所を押さえられた。

スタバで開催 参加者の皆さん
参加者の皆さん ってかほとんど知り合いでしたね。 

お招きした草場先生の花札レクチャーで色々目からウロコのお話を聞いた後
まとめるのに苦労した初めてでも遊べるルールにて6人1卓X2の勝負を行った。
この日のルールと資料は巻末参照。

早速勝負開始~~~~

花札に詳しい草場先生卓とたけるべさんの卓に別れ6人ずつのプレイ開始。

私は草場先生卓、他の参加者はひげダイスさん、くにすらさん、blueroseさん
kingsplateさん。

こんな手札で勝負が始まる。
手役でボタンの「三本」ができた。

場の6枚に桜の光札が入っているので「大場=二倍レート」の勝負!
中央のお皿には下りたプレイヤーの下り賃が入っているのが見える。
さらに奥のかごに入っている小さい碁石が白=1貫、黒=1文

この札はメジャーな任天堂製ではなく京都田村将軍堂謹製のものでクラシカルな色で
明るく鮮明な絵が特徴。色々ブランドがあるのですなー

こんな手札 

手役「空巣」(からす:すべてカス札)から出来役「七短」を達成!しかも大場。
七短達成 

途中ドラマチックな展開もはさみながら推移した。 
結果は1位フジワラ、2位ひげダイスさん、3位くにすらさん
4位kingsplateさん、5位草場先生、6位blueroseさん

今回は初めての人も多く1ゲーム約2時間ほど。
こんな感じで初めての人も含めバッチリプレイをマスターされていた。
慣れると1ゲーム1時間ちょっと位。
しかし体感時間はあっという間、はーまだまだやり足りないな。

また次回の開催を決意し、みんなでパン食べ放題の食事会へとなだれ込んだのだった...

八八の会お勧めルール

八八は地方ルールが色々あるため、混乱しないよう基準ルールを差分のみまとめた。

・10文=1貫
・初心者用に三人縛りあり(2回目からは縛り無し)
・場のレートは平場と大場のみ(絶場無し)
・越年なし
・法度なし(見つけた人はその場で教える)
・追い込み賃は1/4で端数は切り上げ
・ふけなし
・つかみ手役なし

手役と出来役その他プレイ中のルールを1シートにまとめた
コレがあれば鬼に金棒!だと思う。

八八ガイド.pdf

-------------情報更新 2011.8.20------------------------------------------


八八の会関連のつぶやきがkubotayaさんによりtogetter化されました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。