スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まんがパークゲーム会リポート

いま、立川にボードゲームの風が吹いてきている!

ゲームショップB2Fを始め、ゲーム会がしばしば行われるカフェ「ペンタメローネ」
ボードゲームのための部屋がある漫画喫茶など
ボードゲーマーにとって今立川が熱いスポットになりつつある。

立川まんがぽーく1 
当ブログ更新100回記念の今回は
3月にオープンしたばかりのホットスポット「立川まんがぱーく」
で6月22日に行ったピグフォンゲーム会のリポート。

立川まんがぽーく2 

「立川まんがぱーく」は3万冊のマンガを1日400円(子供200円)で読み放題!
琉球畳のお座敷空間で、大変居心地が良い。しかも施設内で
カレー、ラーメン、生ビールなどの軽食が買えたりして
ビール+漫画(中には昼寝)などという事が可能な危険な場所なのである。

立川まんがぽーく3

先日、調査のためにここを訪れた際、施設内の会議室を偶然予約することができ
今回のゲーム会の開催となったのだ。

まんがぱーく会議室1

開催時間は朝10時から夜20時過ぎまで。
8歳から60代までの約20名の友人たちとみっちり遊びたおした。

会議室は屋外見面しており、窓を全開にすると完全オープン空間に。

外の芝生で子供たちが戯れるのを眺めながらのプレイは乙なもの。

レジスタンス アヴァロン 

レジスタンス アヴァロン
だれも死なない人狼系ゲーム。
前作からテーマが円卓の騎士に代わり、
新たなキャラ(魔法使いマーリン)が入ったりと
さらに面白くなっている。
今回は円卓の騎士が勝利!

8歳の達也君などが加わったので鉄板お絵かき伝言ゲーム
テレストレーション 8人プレイ。

テレストレーション1 

「金メダル」がいつの間にか「表彰状」からの「給食」になったりと
このゲームはやるたびに予想を上回る展開になる。

テレストレーション2
金メダルにはじまり~

 テレストレーション3


テレストレーション4 


テレストレーション5 
 ↑この絵イイネ!!

テレストレーション6 
こんなんなっちゃった...

魔法にかかったみたい!

魔法にかかったみたい
久しぶりのプレイ。
魔女同士が下僕を操って秘薬づくり。
他にあまりないシステムだ。

ブリっと出るワン
これはまさにウンゲーだわ
音が大変リアル。
ブリっと出るワン 

アラカルト
調味料を振るのが楽しいお料理ゲーム
アラカルト 

他にも「王宮のささやき」「どんぶりころころ」「大聖堂」
「メルカトル」などが遊ばれた。

まんがぱーく会議室2 

アグリコラ

初めての人も交えての4人プレイ(Kデッキ)

アグリコラ1 

私のご近所さん(職業)が巻き起こす騒動に振り回されっぱなしの回。
最初に仲間になった「ぶらつき学生」の能力は
他のプレーヤーのご近所さんがプレイされると便乗して
手札からランダムに、ご近所さんが仲間になってくれるというもの
これは強力!と思いきや、最初のランダムご近所さんはなんと「愛人」!
彼は働いてくれるものの、食事を4食分も食べさらに同居してきたせいで、
1回目の収穫は物乞いが3人もやってくる展開。

アグリコラ 2 

最終的には7人のご近所さん全員が仲間になってくれて、トップタイで終了。
やはりアグリコラは面白い。

最後まで残ってくれた友人たちとカレイドス12人プレイ。

カレイドス 12人プレイ 

このゲームは1分でお題の絵から指定の言葉で始まる単語を
いくつ見つけられるかを競うもの。
ボキャブラリーの多さと でっちあげ力がポイント。
このゲーム、ワードバスケットの言葉カードを流用して遊ぶのが
当たり前になっているようで、これは良いアイディアだ。

まんがぱーく会議室3
そんなわけで、ゲーム会の夜は更けていくのであった...

場所がとてもよかったので、また近いうちに開催する予定。


スポンサーサイト

ゲームマーケット2012秋に参加させていただきました。

ゲームマーケット2012秋にピグフォンもブース出展させていただきました。

ブースに遊びにきていただいた方、ゲームをかっていただいた方
大会に参加していただいた皆様。ありがとうございました。

ゲームマーケット2012秋
開場直前4階の様子

今回は過去最高4200人もの来場者とのことで、たくさんの
新たなボードゲームファンがたくさん来ていたように感じました。
会場の終了時間まで人がいっぱいだったのが今まで無かったと思います。

4階ブースからほとんど離れることができず、チラッとした見ていませんが、
たくさんのブースが新しいアイディアのゲームを出しており、本当にエキサイティングなイベントに
育っていると思います。日本のボードゲームシーンはますます盛り上がってきていますね。

ボードゲームの魅力の1つに「はじめて会った誰かと楽しいひと時を過ごせる」
というのがあり、我々の体験卓でもそんな光景を見るにつけ、出展してよかったと感じています。

ピグフォンブースでは能登の伝統ゲーム「ごいた」を新パッケージでリニューアルしたものと、

春にリリースした未確認生物テレビ2をメインに紹介と販売を行いました。

新作はありませんが遊んでいただく方々と直接やり取りできる貴重な機会。
丁寧に説明して気に入ってもらえる方々にちゃんとゲーム達を届けたいと考えていました。

石川県出身の方や能登から来た方が何人か来られ、色々地元のお話を聞かせていただいたり
できたもの良かったです。

    *      *      *      *      *

ごいたにご興味を持っていただいた方が意外といらっしゃった方の中に
「とりあえず遊んでみたい」とか、「面白そうだけどなかなか4人も友人を集められない」といった
お話を聞きました。
参加希望者が8名程度いらっしゃれば、都心で「ごいたで遊ぶ会」を開催させていただきます。
参加したい!と思った方はこのブログにコメントいただくか。
pigphonegame(アットマーク)gmail.comまでご連絡下さい。
ごいたを覚えてお正月に親戚達やおじいちゃん、おばあちゃんと遊んで見てはいかがでしょうか?
ゲームマーケット2012秋 ピグフォンブース
ごいたは4人専用ゲーム。会場では2、3人用ルール冊子をおまけに付けました。


メインのイベントは春に続いて「未確認生物テレビ大会2012秋」

ゲームマーケット2012秋 ピグフォンブース  
今回はゴールデンリポーターにピグフォン謹製「ごいた」をプレゼント!

未確認生物テレビと[俗編]の2を混ぜての6名2番組でプレイ。
ゲームマーケット2012秋 ピグフォンブース 
この回の制作会議は夜行性の危険な癒し系生物「ぽにぽにさん」(名前ちょっと違うかも)
この生物に近づくとつい隙間にもぐり込みたくなる衝動を抑えられず、
いつしかこの生物に取り込まれ新たな段を増やし続けみるみる高くなってゆき
朝になると霧のように消えてしまうという恐ろしい生態とのこと。

ゲームマーケット2012秋 ピグフォンブース 
こちらは全候補からの最終ゴールデン選出投票の模様。
確か10人以上での投票になったかと....かなりカオス。

ゲームマーケット2012秋 ピグフォンブース 

今回のゴールデンリポーターとゴールデン枠は偶然にも従妹の女子コンビが
ナイスチームワークで勝ち取りました。

ゴールデンはこんな番組!
なぞの海上汚染!紫色の有毒ガスの発生源は
なんと深海1500メートルに潜むこの生物?!
しかしその後の調査で、その一体がいい湯加減で温泉としての効能が見つかり、
一概に害獣とも言い切れないことが判明。

大会が終わった後もこのゲームを遊んでみたいとブースに来ていただく方が
いらっしゃり、延長体験会を数回開催させていただきました。嬉しい限りです。

そんな感じでイベント終了後は打ち上げのビールがおいしい充実の1日でした。
早く今回の話題作を遊んでみたいですね。

以上リポートを終わります。

ごいたのサイトはこちら
ボードゲームショップ「すごろくや」さんで販売が始まりました。


ゲームマーケット2012春の未確認生物大会レポート

今回は、ゲームマーケット2012春に参加して思ったことやピグフォンブースでの
独自イベントリポート回。
ちょっと更新に時間が空いてしまったけれど、気にせず振り返っていこう。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会 
未確認生物大会の第一セッション
ゴールデン枠は全スタッフ一致で現在のロボット技術に
欠かすことのできないハイテク生命体、その名も「ICムシ」

今年のゲームマーケットは来場者3700人!と人での多さも去ることながら、
出店ブースとオリジナルゲームの数の方でも、そうとう盛り上がっていたのではないだろうか。
毎回出店側で参加している私も、このイベントでしか出会えないような
おもしろ国産ゲームを遊んでみたくでウズウズしながらも、お試しプレイ卓の反応を
直接見られる貴重なこの機会、おもしろすぎてブースから目を離せないジレンマを
味わっていた。


今年の出展作全体の印象
ボードゲームと遊ぶ人の裾野がすこしずつ拡がっていることと関連してか
ルールもデザインも含めて「始めての人たちでも気軽に遊べる手軽なもの」が目立った。
テーマや見た目に関してはカッパとかお寿司とかファラオとかパンツ?など愉快な着想に
ハッとさせられたりして、日本のボードゲーム界?の未来は更に面白くなりそう。

ゲームマーケット2012 ピグフォンブース 
ピグフォンブースの看板スタッフ Mareaさん

さてさて、ピグフォンブースでは、短時間で8人まで遊べる
大喜利系番組でっち上げゲームの俗編「未確認生物テレビ2」の
リリースを記念した「未確認生物大会」と言うイベントを考え実施してみた。
未確認生物テレビ2の概要はこちらに掲載。

今回はブースに大会エントリーシートを用意し、30分1セットで毎回6、7人の参加者を募り
15時半の最終セッションまで、めいっぱいでっち上げていただいた。

大会ルールはこのような感じ
 ・番組制作スタッフ達6~7人は毎セッション2回のでっち上げ番組制作を行う
 ・その中から選ばれたゴールデン枠と深夜枠を決め、それらを最終選考用に残す。
 ・最終セッション後に最終選考案を並べ、スーパーゴールデン選考ラウンドを行う。
  選考はでっち上げ参加者やギャラリー達全員参加で指差し投票。
  最も多く投票された番組をスーパーゴールデン番組とし栄誉と祝福を受ける。
 ・使用するペンはピグフォンお勧めの「筆ペン」*を採用。

*これからゲームを遊ぶ人は画材によって結構タッチが変わるので
 色々試してみることをお勧めします。
 ペンはクレヨンなど太めで濃い色のものがいい感じ。


スーパーゴールデン番組をリポートした人にピグフォン謹製スタッフTシャツを贈呈という流れ
そんなメタゲームじたてで、全10テーマ、70番組から選りすぐられた結果は
いったいどんなものだったのだろうか…



ゲームマーケット2012 未確認生物大会1 
これは大会後半の「違法生物」セッション。ゴールデンは「注射くん?」
とぼけた顔して何を注入されるのか?


イベントはたいへん楽しいものになり、椅子の数の関係でMAX7名とさせて
いただいたものの、全セッション満席。
皆さん初対面ながらムチャ振りの被害者として和気藹々と遊ばれていた。
いい表情を見せられないのが残念。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会3 
各ストーリーを振り返りながらスーパーゴールデン先行の準備中。
電波系生物とかご当地生物がみえる。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会2 
いよいよ、大会の最高傑作が誕生しようとしているところ。
因みに真ん中らへんの女性参加者が描いた「丸っこい子」は そのシンプルな
見た目に反して恐るべきポテンシャルを発揮した人気生物なのだった。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会4
メガ指差し投票! 画面には見えていない人も含め全十数人の人気投票となった。
選ばれたのは…

ゲームマーケット2012春 未確認生物大会 スーパーゴールデン 
選ばれたのはこちら!ジャジャン。
求愛の鳴き声が世界を変える「電波系生物」がスーパーゴールデンに決定!

以下ようなドラマチックで壮大な番組がでっち上げられた。

下界の庶民達から発せられる失恋の嘆きやため息、
それらをキャッチし続けるこの生物は驚くべきことに
負のパワーをみるみる吸収しては、希望の波動に
変換する能力の持ち主なのであった。
頭部に付いた発信器から、希望の音波を世界に向けて発信し続け、
人知れず世界の平和を見守っているのだ。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会5
ハシモトさん
ナイスでっち上げ
上の番組をでっち上げたスーパーゴールデンリポーター
はこの人。
見事一番人気でピグフォンTシャツをゲット!

そして、この傑作生物を描いたゴールデン画家しおさん
もすばらしい。
たいへん味わい深い絵ですな~

ハシモトさんに許可をいただいて掲載しております。

 てな感じで、大会に望んだ皆さんの絵のオモシロさとでっち上げ能力の高さに
いつもほんとに驚かされるわけで、面白い人たち集まりすぎ!と
ニヤニヤしてしまう大会のレポートはここまで。


未確認生物テレビ2は以下のショップで絶賛販売中
すころくや様

テンデイズゲームズ様

ゲームストアバネスト様

萬印堂様

プレイスペース広島様

ボードゲームカプセル様


ゲームマーケット2012で未確認生物テレビ大会

さていよいよ明日はゲームマーケット2012春の開催日
昨年の来場者数3千人に対し、4千人くらい来るのでは...と予想。

東京都立産業貿易センター(台東館)の4階102がピグフォンブース。
未確認生物テレビ大会もやります。是非お立ち寄り下さい。

未確認生物テレビ大会開催

ゲームマーケット ピグフォンブース

ゲームマーケット ピグフォンブース


大きな地図で見る

在庫切れと思っていた「バスストップボードゲーム」が数個出てきました。
こちらも持って行きます。


上海初のボードゲームの展示会もうすぐ開催

先日のゲームマーケット大阪も相当盛り上がったみたいですね。
ピグフォンは出展できませんでしたが、次回は参加したい!
ただいま、せっせと未確認生物テレビの続編を制作中なのです。 

さて、今回は大阪だけでなくアジアもボードゲームが盛り上がっている話題をひとつ。

上海初のボードゲームの国際展示会がまもなく開催

展示会の名称はInternational Exhibition in Board Game Industry
略してIEBC。

開催日は2012年4月28~30日の3日間
場所は上海虹橋空港からさほど遠くないINTEX SHANGHAI
今のところ中国国内はもとより、世界から15カ国のボードゲーム関連の
メーカー、パブリッシャー、デザイナーが集まるとのこと。

ピグフォンはIEBGに参加を決めました。
どうぶつしょうぎでおなじみの「ねこまど」さんとの共同出展です。
主催側は地元の大学生ボランティアも手配してくださるとのことで色々サポートしてもらってます。

主催者の人は今回の展示会の開催に情熱を燃やしていて、立派な資料も用意しており
資料の転載許可をいただいたので、抜粋版を貼っておきましょう。

上海ボードゲーム展示会IEBC

上海ボードゲーム展示会IEBC 

国際展示会なので、ボードゲーマーにはおなじみのメーカーから
ほとんどなじみのない中国国内のメーカーも集合!
上海ボードゲーム展示会IEBC 

中国でも盛り上がってきてます。
上海ボードゲーム展示会IEBC 

海賊版撲滅!!海賊版と思われる商品は展示会に持ち込み禁止
上海ボードゲーム展示会IEBC 

開催中各種フォーラムやコスプレイベント、ゲーム大会などが行われる予定。
ピグフォンはフォーラムのゲストスピーカーをやるやしい。ほんとかな...
上海ボードゲーム展示会IEBC 

イベントの中で参加者投票のボードゲームアワードがあるみたい。
上海ボードゲーム展示会IEBC 

会場のINTEX SHANGHAIは全長150mmかなり大きい会場ですな。埋まるのだろうか?
上海ボードゲーム展示会IEBC

上海は飛行機ですぐなので、ボードゲーム好きは観光がてら行ってみてはいかがだろう。

上海万博の開発ラッシュのおかげで、私が遊びに行った数年前とはぜんぜん違っているらしい。
展示会が終わってから、雑技団みたり色々食べてくることももうひとつの楽しみだ。

International Exhibition in Board Game Industry
http://www.iebg.net/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。