スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


能登ごいたの旅 得点は暗算だった

震災で更新をためらったりしたけれど元気に活動できてる事に感謝して
めげずに出来ることをどんどんやっていくことにした。
能登はほとんど被害がなかったことがうれしい。

ピグフォンの新作ゲーム制作はどんどん進めていて
今回のゲームは今までとはだいぶ違ったものになりますぞ
近いうちにこのブログで紹介させいていただきます。

-------近況終わり----------------------------------------------

前回の観光編からの続き

民宿「かね八」の宴会場にごいた保存会の面々が集まり
今回の本題「将棋ごいた」制作意図を説明し、制作の許可を頂くことができた。
プロ棋士であり「ねこまど」の経営者でもある北尾さんの将棋普及の熱意に感動した。
この内容は前回お伝えした北國新聞と中日新聞を参照
「将棋ごいた」もうすぐ誕生

北尾さんがお土産に持ってきた「どうぶつしょうぎ」が保存会の方々に大変受けていた。
このゲームの魔力はルール説明のためにボードに駒を8つ載せて一手始めると
なぜかそのままゲームが始まってしまうところ
どうぶつしょうぎ」恐ろしい子!

さていよいよメインコースである本場ごいた体験だ
会長さんが色々手配して下さり感謝感謝。

本場ごいた01

カード版ごいたと最も異なる積み込み防止の儀式「あごのく」を北尾さんが挑戦
ムービーは「あごのく」を撮り逃してしまい駒を取るところから。
駒を打つ音が良いね。


さすがプロ棋士、すぐに要領を得る北尾さん
本場ごいた02

念願だった本場ごいたに私も挑戦。ほんとに楽しくずっとやっていたかった...
本場ごいた04

今回の収穫は東京の会で遊ぶごいたと打ち筋というか解釈が色々違う点
特に味方の攻めをスルーせずに積極的に受けてゆくケースを何度もみた。
この技技は覚えて使ってみたい。
もうひとつ恐れていたことが、やはり得点が暗算で行われている!
本場ごいた05

更なる収穫は貴重な竹製ごいた駒を会長さんから譲っていただけたこと、これは嬉しい。
カードもいいけど本物の竹駒は格別だ。

そんなこんなで夜は民宿の美味しいブリずくし、翌日は朝の魚市場
エビ

数馬酒造の見学と利き酒などさせていただいた。数馬酒造のウェブサイトはコチラ竹葉酒造

宇出津の波止場、湾になっているので波は静かだ。
宇出津の波止場

今度は祭りの時期に来てみたいと思いつつ能登半島を後にした。

最後にお知らせ
「将棋ごいた」のリリース情報が公開になった
リンクはコチラ

ねこまどブログ
将棋と伝統ゲームのコラボレーション 「将棋ごいた」発売決定!


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。