スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲームマーケット2012春の未確認生物大会レポート

今回は、ゲームマーケット2012春に参加して思ったことやピグフォンブースでの
独自イベントリポート回。
ちょっと更新に時間が空いてしまったけれど、気にせず振り返っていこう。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会 
未確認生物大会の第一セッション
ゴールデン枠は全スタッフ一致で現在のロボット技術に
欠かすことのできないハイテク生命体、その名も「ICムシ」

今年のゲームマーケットは来場者3700人!と人での多さも去ることながら、
出店ブースとオリジナルゲームの数の方でも、そうとう盛り上がっていたのではないだろうか。
毎回出店側で参加している私も、このイベントでしか出会えないような
おもしろ国産ゲームを遊んでみたくでウズウズしながらも、お試しプレイ卓の反応を
直接見られる貴重なこの機会、おもしろすぎてブースから目を離せないジレンマを
味わっていた。


今年の出展作全体の印象
ボードゲームと遊ぶ人の裾野がすこしずつ拡がっていることと関連してか
ルールもデザインも含めて「始めての人たちでも気軽に遊べる手軽なもの」が目立った。
テーマや見た目に関してはカッパとかお寿司とかファラオとかパンツ?など愉快な着想に
ハッとさせられたりして、日本のボードゲーム界?の未来は更に面白くなりそう。

ゲームマーケット2012 ピグフォンブース 
ピグフォンブースの看板スタッフ Mareaさん

さてさて、ピグフォンブースでは、短時間で8人まで遊べる
大喜利系番組でっち上げゲームの俗編「未確認生物テレビ2」の
リリースを記念した「未確認生物大会」と言うイベントを考え実施してみた。
未確認生物テレビ2の概要はこちらに掲載。

今回はブースに大会エントリーシートを用意し、30分1セットで毎回6、7人の参加者を募り
15時半の最終セッションまで、めいっぱいでっち上げていただいた。

大会ルールはこのような感じ
 ・番組制作スタッフ達6~7人は毎セッション2回のでっち上げ番組制作を行う
 ・その中から選ばれたゴールデン枠と深夜枠を決め、それらを最終選考用に残す。
 ・最終セッション後に最終選考案を並べ、スーパーゴールデン選考ラウンドを行う。
  選考はでっち上げ参加者やギャラリー達全員参加で指差し投票。
  最も多く投票された番組をスーパーゴールデン番組とし栄誉と祝福を受ける。
 ・使用するペンはピグフォンお勧めの「筆ペン」*を採用。

*これからゲームを遊ぶ人は画材によって結構タッチが変わるので
 色々試してみることをお勧めします。
 ペンはクレヨンなど太めで濃い色のものがいい感じ。


スーパーゴールデン番組をリポートした人にピグフォン謹製スタッフTシャツを贈呈という流れ
そんなメタゲームじたてで、全10テーマ、70番組から選りすぐられた結果は
いったいどんなものだったのだろうか…



ゲームマーケット2012 未確認生物大会1 
これは大会後半の「違法生物」セッション。ゴールデンは「注射くん?」
とぼけた顔して何を注入されるのか?


イベントはたいへん楽しいものになり、椅子の数の関係でMAX7名とさせて
いただいたものの、全セッション満席。
皆さん初対面ながらムチャ振りの被害者として和気藹々と遊ばれていた。
いい表情を見せられないのが残念。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会3 
各ストーリーを振り返りながらスーパーゴールデン先行の準備中。
電波系生物とかご当地生物がみえる。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会2 
いよいよ、大会の最高傑作が誕生しようとしているところ。
因みに真ん中らへんの女性参加者が描いた「丸っこい子」は そのシンプルな
見た目に反して恐るべきポテンシャルを発揮した人気生物なのだった。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会4
メガ指差し投票! 画面には見えていない人も含め全十数人の人気投票となった。
選ばれたのは…

ゲームマーケット2012春 未確認生物大会 スーパーゴールデン 
選ばれたのはこちら!ジャジャン。
求愛の鳴き声が世界を変える「電波系生物」がスーパーゴールデンに決定!

以下ようなドラマチックで壮大な番組がでっち上げられた。

下界の庶民達から発せられる失恋の嘆きやため息、
それらをキャッチし続けるこの生物は驚くべきことに
負のパワーをみるみる吸収しては、希望の波動に
変換する能力の持ち主なのであった。
頭部に付いた発信器から、希望の音波を世界に向けて発信し続け、
人知れず世界の平和を見守っているのだ。

ゲームマーケット2012 未確認生物大会5
ハシモトさん
ナイスでっち上げ
上の番組をでっち上げたスーパーゴールデンリポーター
はこの人。
見事一番人気でピグフォンTシャツをゲット!

そして、この傑作生物を描いたゴールデン画家しおさん
もすばらしい。
たいへん味わい深い絵ですな~

ハシモトさんに許可をいただいて掲載しております。

 てな感じで、大会に望んだ皆さんの絵のオモシロさとでっち上げ能力の高さに
いつもほんとに驚かされるわけで、面白い人たち集まりすぎ!と
ニヤニヤしてしまう大会のレポートはここまで。


未確認生物テレビ2は以下のショップで絶賛販売中
すころくや様

テンデイズゲームズ様

ゲームストアバネスト様

萬印堂様

プレイスペース広島様

ボードゲームカプセル様


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。