スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伝統ゲーム研究:天九 その2 リファレンスシート

天九をもっと手軽に遊べないか
うーんと考えたのだった.....(前回の続き)

とにかく問題点をつぶしていこう。

まずはコレ

牌の強さを覚えるのがめんどくさい

天九牌にはマージャンのピンズのような点々が書かれている。
サイコロを2つつなげたものの組み合わせを模したものだ。

ここで厄介なのが「牌の強さは点々の数の大きいもの順とはいえない」ことだ
コレにか面食らった、ドイツゲームなどでは考えられないプレイアビリティーの低さなのだ。

「うへえ」と感じる人もいるだろう、ところがそれぞれの牌に名前と由来があり
数回のプレイで意外と覚えられてしまう。

しかし意外とこのとっつきにくい部分が「伝統ゲームの歴史と文化」の深さを感じ、
一度覚えると独特のプレイ感を味わえる重要な要素であると、今は思っている。

はじめ天九を覚えた日、どの牌たちが仲間なのかがわからず厄介だったり特殊な
得点がなかなか頭に入らなかった経験を生かしこんな一覧表を作った。

天九リファレンスシート

天九リファレンスシート

天九になれないうちはこのシートを傍らに置いて使うと便利だと思う。
プリントアウトして使ってみてほしい。

すでに持っている人もいくつか修正を入れてカラー版にしている。

次回はいよいよ本題だ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://pigphone.blog96.fc2.com/tb.php/22-f0dd3895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。