スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新作ゲーム制作中その3 プレイ時間のはなし

今回はいつにもまして雑談モード
ゲーム制作最中のメモ的な内容。


「未確認生物TV」の初期アイディアは親手番が順番に移るタイプを
採用しようと考えていた。

とりあえずこれを「親ローテーション型」と呼んでみよう。

この方法は比較的ポピュラーであるため、導入がカンタンだ
しかし、全員に同じ回数の手番が回るようにしなければ不公平になって
しまう欠点もある。
これを気にしないで作っているゲームもあるけれど
順番によっては「オレだけ手番1回少ないじゃん」的な
引っ掛かりができてしまう。
勝ち負けを気にしないタイプのゲームでもゲームの仕組みに
そういった引っ掛かりがあると、プレイヤーは批評モードに
入ってしまったりして純粋にゲームを楽しめなくなると思う。

今回の場合「親ローテーション型」はプレイ人数に応じて所要時間が
増えてしまい好ましくない。
目指しているのが8人まで遊べるパーティーゲーム。
全員が手番を行うと8ラウンドの倍数かかってしまう。
満腹になるまでポップコーンを食べるようなゲームは避けたい。
「濃厚だけど程よい量で後を引く珍味みたいなゲーム
そんなのを目指すことにしよう。

手軽なゲームを目指しているのだから
大人数プレーでも30~40分以内に収束させたい。

テストプレーを繰り返す中で解決策が見つかった。

役割カード


「役割カード」と「人気投票」により親手番自体を無くし全員参加型に。
これによりゲームがどのラウンドで終わっても良くなり3人で20分、
8人で40分くらいの手軽なプレイ時間にまとまった。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://pigphone.blog96.fc2.com/tb.php/60-ac79392c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。