スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上海ボードゲーム展示会リポート2

上海ボードゲーム展示会リポート2
IEBGアジアのパブリッシャーたち


IEBGの開催中に時間を見つけては色々なブースを回ってみた
色々な話を聞くことができたブースを紹介してみよう。

がんばっている中国メーカーブース

出展ブース全体の印象は、中国のオリジナルゲームがどんどん作られていて、
たいへん勢いを感じた。
そして日本よりも進んでいる状況として、全ブース企業体として活動している点があげられる。

IEBG 益遊 
今年立ち上がったばかりの益游のブース
左のマーケティングリサーチ担当のエイダさんは日本語が少ししゃべられる。
ここはまだフリーマーケットのゲームと中華料理のゲームの2点しかリリースされて
いないけれど、 グラフィックがいい感じで 海外展開もすぐにできそう。
ピグフォンの「未テレ」と物々交換してきたから今度遊んでみる予定。
ただいまルールを翻訳中。

IEBG 香港の傲世創意工作室有限公司 
香港の傲世創意工作室有限公司
10年以上D&DなどのTRPG関連の出版をしている会社が、今回初のオリジナルゲーム
「風雲」をリリース。
中国のコミックをベースにした生き残り系カードゲームだ。
絵のタッチが 池上遼一的な劇画調。
この原作コミックは「風雲 ストームライダーズ」 という名で映画にもなっていて
日本でも見られるらしい。
これもサンプルをもらったので早く遊んでみたい。
このブースのインスト役はネコ耳の女学生風スタッフが対応していた。

IEBG 台湾 パンダゲームスのマネージャー 
台湾でゲームバーをショップを展開している「パンダゲームズ」のマネージャー
彼らはここ数年でオリジナルゲームを出しており、激シブなルックの拡大再生産系ゲーム
「三国志」やティチューのもとになった斗地主の三国志アレンジ「大乱純」などを
リリースしている。

気になるジオラマ風のボードはデジタルとアナログの融合した試作品。
1つ前の記事で紹介したPRANA社の開発中のゲームだ。
IEBG PRANA社

ブースにに遊びに来てくれたPRANA社のスタッフ達。右の子は日本語の通訳もしてくれた。
IEBG PRANA社 

オリジナルを作って勝負にでているパブリッシャーをいくつか訪ねてみて
国は違えど彼らの熱い志を感じた。
中国まだまだ伸びまくりそう。
日本も負けていられないと元気をもらった。

IEBG 中国のボードゲームいろいろ 
みんなでいろいろ買ったり取り替えてきた。今回の戦利品たち
後日まだまだ購入することになるとは、このときはだれも知らない。

というわけで今日はこの辺で...
また次回
感想とかもらえると嬉しいです。

上海ボードゲーム展示会リポート3 
上海の街中ゲームバーとゲーム雑誌

に続く

2012年 5月13日 ゲームマーケット春に出展!
未確認生物テレビ、未確認生物テレビ2などを出します。
102ピグフォンブース遊びに来てね!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://pigphone.blog96.fc2.com/tb.php/90-e92ec99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。