スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドイツとフランスゲームレポート2 パリのボードゲームショップ

ドイツを後にして次の目的地は、パリ

フランスはここ最近ボードゲームが盛り上がってきており、
自国製のゲームがどんどんリリースされている状況。
これは期待大、フランスボードゲームの今を見てこようというのが今回のリポート
4日の滞在期間中にちょこちょこ回ることができた。

ピグフォンパリリポート

ボードゲーム専門店

事前に調べていた専門店はパリにおよそ6店舗、規模も含め日本と近い状況だ
ひとまず別件の合間時間にショップに行って見ることにした。

LE JOKER DE PARIS
パリのジョーカー

大変賑やかな場所にある緑色のお店

ピグフォンパリリポート

こじんまりした店舗ながら、なかなかの巣窟。
ゲームは自国製やドイツの輸入ものがギッシリ

ピグフォンパリリポート

その他にも、店の奥にアンティーク調のチェス、
バックギャモン、タロットカードなどがうず高く積まれていた。
店の兄さんはとても気さくで、いい感じの店だ。

ピグフォンパリリポート

パリのボードゲームショップの情報はこちらがオススメ
パリのアメリカノウゼンカズラ

専門店以外のボードゲーム売り場 

これは予想以上。
一般の店舗にまでボードゲームが進出、一般化していた。

ピグフォンパリリポート 

適当に立ち寄ったおもちゃ屋チェーン
この店、一階はレゴや女児玩などトイザらス的で期待できないのかと思いきや
地下には、かなり大量のボードゲームが売られていた。 

ピグフォンパリリポート

陳列されているラインナップをみると、ファミリーもの
パーティーものの手軽な内容のものが取り揃えられているのが特徴。
もちろん、定番ドイツゲームもバッチリ。 

ピグフォンパリリポート

普通のおもちゃ屋でこの有様だ。

ヴァージンメガストア

ここは3階分のフロアに書籍、CD、DVDなど総合的な取り揃え
何の気なしに足を踏み入れたところ目標発見
奥の壁ビッシリのボードゲーム棚!

ピグフォンパリリポート

手軽そうで素敵なデザインのゲームたち

*          *           *           *           *

アクションカードゲーム「ジャングルスピード」のヒットのあと、
絵本がゲームになったような傑作「ディクシット」や 「髑髏と薔薇」「ドブル」
など、即パーティーに導入できるような、 シンプルで親しみやすくオシャレな
キラータイトルに牽引され 独自の進化を遂げているフランス。

日本の潜在ニーズも意外と 近いあたりにあるのでは…
などと妄想を膨らましながらゴミを踏まないように歩く帰り道だった。
パリの歩道は意外とコキタナイ。

ドイツとフランスゲームレポート3 パリのカフェでごいたをプレイに続く

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://pigphone.blog96.fc2.com/tb.php/95-7898b1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ドイツとフランスゲー】

ドイツを後にして次の目的地は、パリ フランスはここ最近ボードゲームが盛り上がってきており、 自国製の まっとめBLOG速報【2012/11/14 19:23】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。