スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドイツとフランスゲームレポート3 パリのカフェでごいたをプレイ

ゲームマーケット秋の開催ももうあと数日に迫ってきた。
そろそろ出展情報もアップしなければいけない気もするけれど、
ヨーロッパリポートはまだもうちょい続く。

パリのボードゲームカフェ

は今回の旅で一番行ってみたかった場所だ。
確認した限りではパリ内に3店舗くらい。
ショップとカフェを兼ねているスタイルで「時間制課金」のメイシア、
「ゲーム一つごとに課金」のOYA CAFEなど料金系体は様々のようだ。
 

旅行前に海外のゲーム掲示板に
「地元の皆さんと一緒にゲームしたい」と書き込んだことろ
「メイシアに行くといいよ、昨日も10人以上集まっていたし」と
15.jpg
親切な情報をいただき、翌日の晩に早速ダウンタウン的な
中華街ベルディブ通りにあるゲームカフェ「メイシア」に
メトロを乗り継ぎ行ってみた。
ピグフォン パリのメトロ
この店の外観はこじんまりとした中華料理屋?て感じの店構え。
店員の中華系のにいさんに挨拶して、店のシステムを聞いたところ
だいたい100分でドリンク1杯付いて7ユーロ(約700円)とのこと

ピグフォン パリのゲームカフェ 
「日本から一人で来たのだけど、ぜひここにいる皆さんとゲームを
遊びたいのです」とお願いしてみた。

ピグフォン パリのゲームカフェ 
店を眺めてみると、売っているゲームはそれなりの数あり、
遊べるゲームは500個以上はある。
お客さんは2人卓、3人卓、3人卓てな感じ。

ピグフォン パリのゲームカフェ 
店に置いてあったボードゲーム雑誌をペラペラめくっていたら
何とレビューに「未確認生物テレビ」が掲載されていた。
しかも良い評価。嬉しい偶然に驚いた。

ピグフォン パリのゲームカフェ 
店員さんがちょうどゲームの終わった3人卓の人たちに声を
かけてくれて、一緒にゲームを遊ぶことに。

ピグフォン パリのゲームカフェ 
お店のマスコットのワンちゃん

どんなゲームが遊びたいんだい?と聞かれたので、
最近よく遊ばれていて手軽なものがイイと
伝えると「それならノイにしよう」とのことに。
ノイと言っても新作の方「ノアの方舟」がテーマのカードゲーム
自分の手札の動物たちを共有の方舟に乗せきったら勝ち
と言ったルール。
盛り上がるしとても楽しいゲームだ。
ピグフォン パリのゲームカフェ 

ごいたフランス進出!
ってほどでも無いけれど、お次は私がお土産に持ってきた能登が誇
傑作伝統ゲーム「ごいた」新パッケージ(初公開)
ピグフォン 新ごいた
ルール説明も簡単で皆さんすぐに理解して楽しんでもらったようだ
これはお土産にお店のライブラリーに置いてもらうことにした。
     *     *     *     *
一緒に遊んだパウロさんたちから、今フランスでホットな
 
ぜひオススメしたいゲームがあるということで、
お次のゲームは
PIX 
 
ピグフォン パリのゲームカフェ
スイス製の連想お絵描きゲームだ
ただしこのゲームはお絵かきできなくっても大丈夫。
プレーヤーは渡されたドットを使って、お題に合わせて配置、
何を書いたか当ててもらうもの。
2人のライバルどうしが出題者になり
他のプレーヤーに絵を見てもらうのだけど
「より少ないドット」で絵を描くことがこのゲームのキモ。
使ったドットが少ない順に出題順が決まり、正解が出たら
即座にそのラウンドは終了。
いくら凝って大作を作っても出題されずに終わるのだ。
そして勝利条件であるゴムスポンジ製のキューブを
得点としてもらう。
要素すべてが四角で統一されているのだ。
このゲームはかなり気に入った。
おそらくいずれ日本に入ってくると思う。

言葉の異なる国の人たちとゲームをする際、
まれに面白い
状況になることがある。
今回のPIXもまさにそうだった。
ピグフォン パリのゲームカフェ
「フランス語のお題」を私にどうにか伝えるため、ライバルの出題者が
スマホのお絵かきツールで「絵」に描いてくれ、私が英語で
描かれたものを英語で耳打ちしてお題を共有。
そしてゲームスタート!ってな具合でコミュニケーションゲームの
入れ子となった。
これがたいへん楽しく、
しかも無駄にデジタルとアナログの共存って
ところも良い。

ゲームは新たな言語だ。と以前このブログで書いた気がするが
今回もその思いを新たにできる楽しい経験ができたいへん満足。

ゲームが終わったあとも、彼らといろいろお話することができ
この店はできてまだ1年半だという事や、
ボードゲームがフランスで流行り始めたのはまだ数年だ
という事。
あとはノートルダム大聖堂にいくならベルシオンアイスがオススメ
という情報を得ることがができた。
ピグフォン ノートルダム
翌日ベルシオンアイスのラムレーズンを食べたら、
まー美味しいこと。今まで食べた中で一番のアイスだった。
ありがとうパウロさん。
ピグフォン ベルシオンアイス 
 おいしすぎて2つも食べてしまった。

色々ありすぎて長くなってしまった。
読んでくださった人はお疲れさま。

次回、たぶん「潜入!パリの最新ゲームバー」に続く
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://pigphone.blog96.fc2.com/tb.php/96-4a925d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。